BackWPupバージョン3でのサイト復元方法

2013-03-15

WordPressのサイト情報を、自動で定期バックアップ等ができる高機能バックアップツール「BackWPup」のバージョンが3にアップしました。非常に優秀なバックアップツールで、様々なサイトに入れていたのですが、バージョンアップに伴って問題が…。

今まで作成したバックアップファイルは、復元(リストア)する為のツールを利用して復元をしていました。ところがバージョンが3になってから、復元するツールの公開が終了してしまったのです。

どうやら「復元は自力で頑張ってくれ!」となっているようです…。
これでは、いざ復元が必要な状況になった時、すぐに対応ができません。

ということで今回は、自力(手動)で復元する方法を紹介します!
「難しそう」と思われるかもしれませんが、結構簡単にできてしまいます。

復元(リストア)の手順
  1. まずはBackWPupで作成したバックアップファイルをダウンロードし、解凍しておいてください。
  2. 空のデータベースを作成しておいて下さい。(サーバー、ドメインを変えない場合であれば、パスワード等は元のサイトと同じ状況に設定しておくと簡単です。)
  3. 解凍したバックアップファイルをサーバーにアップしましょう。
  4. 先ほど作成したデータベースにphpMyadminでアクセスします。ユーザー名とパスワードが要求されると思いますが、ここは作成したデータベースのユーザー名とパスワードです。
    logo_left
    ※phpMyadminは多くのレンタルサーバーでも利用ができると思います。サーバーに確認してみましょう。
  5. 作成したデータベースを選択して下さい。
    db
  6. 「インポート」タブをクリックし、ファイルを選択します。ここでいうファイルは、解凍したバックアップファイル内にあった「*******.sql」です。
    import
  7. インポートするファイルの形式の部分に「SQL」が選択されていることを確認して、「実行する」をクリックします。
    import-2
  8. データがインポートされ、テーブルが作成されていれば完了です。サイトが正常に表示されているか等を確認してください。

バージョン3での復元ツールが提供されるようになれば良いのですが、今のところ期待できないので、ぜひこの復元手順を参考にして下さい。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.