SEOに役立つallinanchorコマンド

2011-07-28

今回はGoogle検索で利用できる、とても役立つコマンドを紹介したいと思います。

そのコマンドは「allinanchor:~」です。

「All in anchor」の意味で、「anchor」は「アンカーテキスト」のことです。

使い方はGoogleの検索で「allinanchor:キーワード」というように、キーワードを入れて検索してみてください。そのキーワードをアンカーテキストとしてリンクが張られたページを、順に返しくれるコマンドです。

例えば自分が上位を狙っているキーワードを入れて検索してみてください。そうすると、そのキーワードをアンカーテキストに含んでリンクされているページの評価が高い順に検索結果が表示されます。

このコマンドをどのような時に使うのかと言うと・・・

「allinanchor:キーワード」で検索して頂いたキーワードで、通常検索もしてみて下さい。

通常の検索で表示された結果と、「allinanchor:キーワード」の検索結果と比べて、自分のサイトの順位はどうでしょうか?

もし、通常の検索結果と比べて「allinanchor:キーワード」の検索結果の順位が低い場合は、そのキーワードでの被リンクが不十分であると言えます。

ですから、このようなサイトであればもっと被リンク対策を頑張らなければならないということです。

逆に、「allinanchor:キーワード」の検索結果の順位よりも、通常の検索結果の順位が低ければ、そのキーワードでの被リンク対策が十分にされていると言えるでしょう。

「allinanchor:キーワード」のコマンドは、このように被リンクが十分にあるかどうかを調べるツールとして活用できますが、もう一つ確認できることがあります。

もし、「allinanchor:キーワード」では上位なのにもかかわらず、通常検索での順位が、「allinanchor:キーワード」よりも大幅に低い場合は、ペナルティが課せられている可能性があります。

このような場合は、過度に同じアンカーテキストでリンクを貼っていたりしていないかチェックしてみてください。

自作自演のリンクで、全く同じアンカーテキストでリンクを過度に貼っていませんか?

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.