SEOを活かすタイトルの付け方

2012-11-22

SEOにおいて「タイトルが重要」であることはお話しするまでもありませんが、単に上位表示を狙うためのタイトルではNGです。

狙っているキーワードで上位表示させたいがために、様々なキーワードを入れてみたり、逆に狙っているキーワードのみをタイトルにしてみたりしていませんか?

タイトルは検索エンジンに認識してもらうだけのものではありません。

検索結果に表示されたときに、ユーザーがタイトルを見て「このサイトを見ようか」判断するのにも重要な役割があります。つまり、タイトルはあなたのサイトを見てもらうためのキャッチコピーの変わりになるわけです。

本のタイトルを見て「これは面白そうだな」と思えば手にとって中の文章を見たくなるのと同じです。

タイトルは単にSEOの為にキーワードを入れる場所ではなく、ユーザーを惹きつけるようなフレーズにすることが大切です。そうでなければ、例え上位表示されていても「このサイトを見たい」と思ってもらえずアクセスされません。

これではせっかくSEOを頑張っていても水の泡です。

そこで、タイトルの付け方でのポイントです。

キーワードを含め、タイトルだけみてもサイトの内容がわかるようにすること。ただし、詳しく伝えようと文章を長くしすぎるのはNGです。長くしても、一定の文字数までしか表示されないからです。

そしてタイトルの内容は、そのページの内容を説明するもので、過剰な表現や関係のない内容もNGです。

例え大げさな表現を使ってアクセスに導いたとしても、ユーザーの期待を裏切ることになりすぐに別のページに移動してしまいます。そのページの内容がタイトルを見てもらうだけでもわかり、「アクセスしてみたい」と思ってもらえるような内容になるように是非考えてみて下さい。

※もしタイトルだけでは説明できないというのであれば、metaタグのdescriptionで説明を補ってください。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.