究極のSEO対策とは?(1)

2011-03-16

インターネットビジネスに関わっている方であれば、SEO対策を無視することはできないでしょう。

今多くのホームページ運営者が、検索エンジンでの検索結果で自分のサイトが少しでも上位に表示されるように頑張っています。

本やメルマガ、セミナーなど、様々なところからSEO対策に関する情報を取得することができますが、多くの方が知りたがっているSEO対策の情報は“テクニック”です。

SEO対策でテクニックは大切です。
テクニックを正しく使っているのであれば、上位に表示される可能性があるからです。

しかし、テクニックを使うには“ある前提”が必要です。
残念ながら、その前提なしにテクニックだけを追い求めている方が非常に多いのです。

ではその“前提”とは何なのでしょうか?

その前提というのは「質の高いコンテンツ」です。

Googleのアルゴリズムは、より質の高いコンテンツを上位に表示させようという傾向になってきているのは間違いありません。

今年1月にもGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が、コンテンツスパムを検出するアルゴリズムを改良したと公式ブログで公表しました。質の低いコンテンツサイトやページに対して、より厳しく見るようになったと言えます。

また、ユーザーの役に立たないサイトをできるだけ検索結果から排除していくという傾向にもなってきています。

つまりSEO対策は、“テクニックだけで上位表示させるというものでは確実になくなってきているのです。

今後のSEO対策は、テクニックばかり追い求めるSEO対策を捨てるということが大切になってくるでしょう。

これは、全てのテクニックを捨てろというわけではございません。
テクニックだけに依存して、コンテンツ作りが疎かになるようなSEO対策は捨てるという意味です。

ですから「正しいテクニック+質の高いコンテンツ」が必要不可欠になるでしょう。

質の高いコンテンツが上位表示される要因についてはまた次回にお話ししたいと思います。

続きはこちらから

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.