効果的なサテライトサイトの作り方

2013-02-28

satellite今回は効果的なサテライトサイトの作り方を紹介します。

既にご存知だと思いますが、サテライトサイトとは、主のサイトにアクセスやリンクを集めるために用意した主のサイトとは別のサイトのことを言います。衛星サイトとも呼ばれていますね。

つまり上位表示させたいサイトの被リンクの為に作るサイトです。SEOで重要な被リンクですが、外部のサイトから質の高いリンクをもらうことは簡単ではありません。

相互リンクでは自分のサイトから相手サイトにエネルギーを渡してしまうので、相互リンクだけで被リンク数を稼ぐわけにもいきません。なにより相互リンクだと、リンクを貼ってくれるページが「リンク集」であったりするので、リンクとしての価値は薄いですよね。

「関連するサイト」
「しっかり管理されているサイト」
「リンクを貼ってくれるページがしっかりしている」
「一方的にリンクを貼ってくれる」

など、質の高いサイトからリンクをされることが重要です。

しかしこのようなサイトからリンクをされることは簡単ではありません。ですから自分でこのようなサイトを作ってしまうのです。
つまり自分で作った質の高いサテライトから、上位表示させたいサイトへリンクするということです。

検索エンジンで安定的に上位をキープ使用とした場合、
「圧倒的にライバルに差をつけて勝っていて、日々勝手にリンク数が増えている」というようなサイトでなければ、サテライトサイトで質の高いリンクを増やすことは重要になってきます。

よく「サテライトサイトでリンクを増やしましょう」というようなことが言われますが、数を増やせばいいわけではありません。

自動記事作成ソフトなどを利用して何百というサテライトサイトをつくってリンクするというような方法を紹介している方がいますが、少なくとも現在のSEOでは、そのような方法はほとんど通用しません。スパム扱いされる可能性すらあります。

効果があるサテライトサイトを作らなければ意味がありません。
ではどのようなサテライトサイトを作ればよいのでしょうか?
ポイントを列挙してみます。

  • ページ数10ページ以上のサイト
  • 主のサイトと関連するコンテンツ
  • ドメイン分散
  • IP分散
  • リンクの貼り方
ページ数

まず、サテライトサイトであってもしっかりとしたサイトにすることです。多くの方がサイト数を増やすために、中身のないサイトを作るのですがこれではいけません。

少なくとも10ページ以上はあるサイトにしてコンテンツを充実させて下さい。

そしてそのコンテンツは、主のサイトと関連するコンテンツにすることが望ましいです。例えば主のサイトでダイエット食品を販売しているのであれば、ダイエット関連のサテライトサイトを作るということです。

ですがサテライトサイトをたくさん作る場合、ダイエットだけのコンテンツではネタも切れてしまうかもしれませんし、あまりにダイエット関連のサイトからのリンクに偏るのもよくありません。

ですから、例えば美容関連のコンテンツにしてみたり、栄養関連のコンテンツにしてみたりして、コンテンツに幅を持たせるとよいでしょう。つまり的外れのコンテンツでなければOKです。

ドメイン分散やIP分散

そして次に最近よく話題になるドメイン分散やIP分散についてです。

ドメイン分散というのは、サテライトサイトはそれぞれ違うドメインにするということで、IP分散というのが、それぞれのサテライトサイトを管理するサーバーは別々にするというものです。

いくらコンテンツの違うサイトを作ってリンクを貼っても、みんな同じドメインで管理していたのでは1つのサイトからのリンクとしてしか見てくれません。

またサテライトサイトを管理するサーバーが仮に全て同じであれば、ドメインが違っても同じサーバー内にあるサイトから主のサイトへリンクが貼られているというのは自作自演のリンクであることがバレバレです。

つまりドメイン分散やIP分散は、自作自演のリンクではなく、第三者が主のサイトにリンクを貼っていると検索エンジンに思ってもらうために行うテクニックです。

しかしドメイン分散やIP分散を考慮すると、サテライトサイトの数が増えれば増えるほどドメインの取得費・維持費やサーバー代がかさみます。できるだけお金をかけたくない場合は、無料で使えるサーバーとサブドメインを利用すると良いでしょう。

ただし、サービスが突然終了してしまうというようなリスクがあることには注意してください。

お勧めなのが無料のレンタルサーバーに独自ドメインを使うことです。例えばseesaaブログ(http://blog.seesaa.jp/)という無料でブログが公開できるサービスがありますね。

通常は「http://*******.seesaa.net/」というサブドメインの形で運営できるのですが、無料で独自ドメインを利用することもできます。

これであればレンタルサーバー代はかかりませんし、ブログを利用すればページ構築が簡単で管理にも適しています。

レンタルサーバーのサブドメインでサテライトサイトを運営する方法でも良いのですが、(サテライトサイトであったも)せっかくしっかりとしたサイトを作るのであれば独自ドメインで運営した方が資産価値もあがります。

ですから、全てでなくとも独自ドメインで運営するサテライトサイトもあったほうが良いと思います。

Seesaaブログだけで管理するのはIP分散の観点からすればいまいちですので、その他の無料ブログも利用してみましょう。

独自ドメインが利用できる無料ブログは、
例えば忍者ブログ(http://blog.ninja.co.jp/)や
GoogleBlogger(https://www.blogger.com/)などもあります。

※サテライトサイトの数が数十程度であれば、神経質にIP分散のことを考える必要はありません。ドメイン分散を中心に考えればOKです。

リンクの貼り方

次にリンクの貼り方についてです。

質の高いサテライトサイトを作っても、効果的なリンクの貼り方をしなければ効果が薄れてしまいます。また、リンクの貼り方によってペナルティを課せられる場合もあり注意が必要なところです。

以前の記事「ペナルティを回避するリンク方法とは?」でリンクの貼り方についてお話しておりますので、そちらをご参照ください。

注意点

サテライトサイトの数が増えてくると、どうしてもサテライトサイト間でリンクを貼りたくなってしまいます。

しかし、サテライトサイトどうしでリンクを貼りあってしまうと、それらのサテライトサイトがつながりのあるサイトとして認識されてしまう可能性があります。ですから自作自演であることがわからないようにするためにも、サテライトサイト間でのリンクの貼りあいはやめた方が良いでしょう。

またサテライトサイトは、Google AdSenseを貼ったり、Googleアナリティクスなどを利用するのは念のために避けましょう。少しでも本サイトとの関連性を持たせない為です。

サテライトサイトにもある程度の被リンクが必要になりますが、それは相互リンクなどでも構いません。ただサイトを作ればよいというものでなく数よりも質を重視するので、面倒な部分はありますが、是非あなたも質の高いサテライトサイトを作り、ランクアップに役立ててください。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.