Googleペナルティからの回復に

2012-04-16

検索順位が落ちた時、何が原因か分からないにも関わらず、あれこれサイト内を触ってしまうのは良くありません。あれこれ触った為に、余計に順位を下げてしまうという結果になる可能性も大きいからです。

また原因が分かり修正を行ったとしても、Googleが修正に気づきペナルティを解除してくれるとは限りません。

ペナルティは自動で与える場合と、手動で与える場合があります。

自動で与えていた場合、問題点を修正しある程度の時間が経てば回復する可能性があります。ですが手動で与えていた場合は、問題点を修正しても回復しない可能性があります。

「Googleさん問題点を修正しましたよ!」

と報告しなくてはならないのです。

そもそもGoogleは、どのような点が問題であるかをサイトオーナーに知らせてくれる機能があります。
それはウェブマスターツールです。

Googleのウェブマスターツールでサイトを設定しておけば、サイトに問題があった場合、どのようなことがガイドラインに違反しているのかというメッセージで知らせてくれます。
ウェブマスターツールの始め方はこちらをご参考下さい。

この画像で言えば「不自然なリンクに関するGoogleウェブマスターツールからのお知らせ」と「Googleの品質ガイドラインに違反しています」という部分です。

このようなメッセージがあれば、どのサイトがどのような問題でペナルティを課せられている可能性があるかが分かります。(メッセージがあっても必ずしも順位低下等のペナルティがあるとは限りません)

そして問題個所を修正すれば、“どのような部分をどのように修正したのか”をGoogleに報告する「再審査のリクエスト」を行うことができます。

再審査リクエスト

再審査リクエストにより問題個所が修正されているか確認をしてもらえます。
もしペナルティが課せられていた場合、問題ないことが確認されれば解除してもらえるので、SEO対策を行っている方であればウェブマスターツールは是非利用したいツールです。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.