ペナルティを回避するリンク方法とは?(2)

2012-08-22

今回は前回の続きとして「ペナルティを回避するリンク方法」について紹介したいと思います。

前回はサテライトサイトにおいて、どのようなキーワードでリンクを貼るとペナルティになる可能性が高く、ペナルティを回避するためにはどのようなキーワードでリンクを貼るのかということについてお話致しました。
前回の記事詳細はこちらをご覧ください。

つまりアンカーテキストの気を付けるべき点についてお話したわけですが、これだけでペナルティを回避できるとは限りません。

まだ大切なことがあります。
それは「リンクを貼る位置をどこにするのか」ということです。

SEO目的のリンクはNG

Googleは順位を上げる為だけのリンク、いわゆるSEO目的のリンクを好んでいません。

よくサテライトサイトで見かけるリンクで、フッター(ページ下部)に羅列しているものがありますが、これは誰が見てもきれいではありません。SEOのことを知っている方であれば、それがSEO目的のリンクであることはすぐわかりますね。

このような、明らかにSEO目的であることが分かるアンカーテキストは、SEO上よくありません。

「フッターにある他サイトへのリンクの羅列 = SEO目的のリンク = リンク価値の無効、ペナルティ」となる可能性が高くなります。

つまり、リンクをどの位置に貼るのかということは重要なことなのです。

本文中にリンクを貼るのはOK?

ではどの位置にリンクを貼るのが悪く、どの位置ならOKなのかということです。
上記で挙げたフッターに、他サイトへのアンカーテキストを羅列するのは良くありません。

また本文中に出てくるキーワードに、他サイトへのリンクを貼るのも好ましくありません。

以前に「本文中からリンクを貼ることが、SEO的に有効である」と言われていた時代もありますが、これもSEO目的のリンクとして看做される傾向にあります。もしこのようなリンクが多い場合は修正する方が無難でしょう。

リンクはどこの位置に貼れば良い?

ではどこにリンクを貼るのが良いのかということです。

フッターや本文中からリンクを貼るのが良くないのであれば、残されているのはヘッダーかサイドバーでしょう。

しかしヘッダーに他サイトへのリンクをいくつも持ってくるのは好ましくありません。多くの方の目に留まりやすいヘッダーに、他サイトへのリンクを羅列するのは、見た目も良くありませんね。

となると残されたのがサイドバーです。
比較的サイドバーからのリンクはリスクが少ないと感じています。

だからと言って、単純にアンカーテキストを羅列するということはやめて下さいね。
理想は、アンカーテキストにプラスして、リンク先サイトの簡単な説明も加えることです。
イメージとしてはGoogle Adsenseの広告のような感じです。

 

サイドバーであれば絶対に大丈夫ということではありませんが、フッターに羅列するよりは遥かに良いでしょう。前回の「どのようなアンカーテキストで貼るか」ということ、そして今回の「どの位置に貼るか」ということに気を付けて、リンクをコントロールして下さい。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.