ペナルティを回避するリンク方法とは?

2012-07-27

ペンギンアップデートやパンダアップデートなど、激しいGoogleのアルゴリズム変更に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

また今は大丈夫でも、上記のアップデートの精度が高くなるにつれて、いずれ順位下落の餌食になってしまう可能性は否定できません。

どのようなアルゴリズムであろうと、何よりも大切なのは「ユーザーにとって役立つコンテンツを提供すること」です。しかし、昔から多くの方が力を入れている“被リンク対策”も、ライバルサイトよりも上位にするには必要不可欠でしょう。

でも気を付けなくてはなりません。必要不可欠な被リンクですが、ペンギンやパンダの餌食にならないような被リンク対策を行わなくてはならないのです。

下手をすればペナルティで順位下落。
ウェブマスターツールを利用していれば「不自然なリンクに関するGoogleウェブマスターツールからのお知らせ」が届くことになるでしょう。

餌食にならない、ペナルティを回避する被リンク対策は?

ではどのようにしたらペナルティを回避できるのか?

被リンク獲得のために、サテライトサイト(リンクを供給するための自作自演のサイト)を運営している方も多いと思います。まずコントロール可能な、サテライトサイトからのリンクに気を付けなければなりません。

例えば、多くの方がやりがちなリンク方法がこちらです。

同じキーワードばかりのアンカーテキストはリスクがあります。
特に狙っているキーワード単独でのアンカーテキストは危険です。
上図の例では、「SEO対策」という“同じ”“単独”キーワードばかりでリンクが貼られています。

ですからアンカーテキストは単独ではなく複合で、できればフレーズ(簡単な文章)の方が良いでしょう。

※「不自然なリンクに関するお知らせ」が届き、すぐに対応しなければならないような時は、リンクを削除したり、またはnofollow属性を付けることをお勧めします。

あなたのサテライトサイトからのリンク方法は問題がなかったでしょうか?
もしペナルティが課せられると、修正しても回復するまでに時間がかかる場合があります。現時点でペナルティが課せられていないサイトであれば、今後のためにリンクを見直してみて下さい。

ペナルティを回避するリンク方法とは?(2)

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.