Googleが日本語検索でのアルゴリズム更新

2012-10-31

Googleは10月23日、独自性のあるコンテンツをより高く評価するために、日本語検索でのアルゴリズム更新を行った旨がウェブマスター向け公式ブログで公開されました。

更新から1週間が経ちましたが、あなたのサイト順位に変化はありましたか?

公式ブログでは
「この変更は、日本語検索結果の約5%に影響する見込みです。」
とアナウンスしており、大変動とまでいかなくても、それなりに順位に影響がある更新であると言えるでしょう。

「今回のアルゴリズムのアップデートでは、独自コンテンツを持つサイトをより積極的に表示するよう変更を実施しました。」
ということから、独自性のあるコンテンツを公開しているサイトは上位に表示されやすくなり、逆に独自性の乏しいサイトは順位を落とすというアルゴリズムです。

“独自性の乏しいサイト”というのは、公式ブログでも言及されているような、付加価値のないアフィリエイトサイトや他サイトのコンテンツをコピーして構築されたサイト、他サイトのコンテンツをコピーして若干の修正を加えて公開しているサイトなどです。

コンテンツのコピー

これらのサイトは、ガイドライン違反になることがあり、検索順位が下落する旨もアナウンスされていることから、今まで以上に“コンテンツ”が重要になるでしょう。

特に、アフィリエイトサイトやショッピングサイトを運営されている方は、提供されている商品情報をそのままコピーしてないか注意して下さい。※アフィリ・ECサイトでライバルに勝つSEOをご参考までに。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.