Googleのアルゴリズム変更内容(2011/11)

2011-12-12

Googleは先月後半に検索アルゴリズムの変更を実施しました。今月に入り、公式ブログでその変更内容の一部を発表していますがご覧になりましたか?

今回は発表された変更内容の内、大切だと思うものを見ていきたいと思います。

関連するクエリの結果を改良

Googleはユーザーが検索したクエリ(キーワード)について、そのクエリと近い(似ている)クエリも含めて検索結果を表示しているが、そのユーザーが入力したクエリにレアな単語を含んでいる場合はそれを尊重するようにした。

より包括的なインデックス作成

より多くのドキュメント(コンテンツ)をインデックスできるので、関連する様々なクエリに対して検索結果を返せるようになった。

新たなパークドメインの分類

自動的にパークドメインを検出するアルゴリズムを導入しました。パークドメインはたくさんの広告が表示されたサイトとなっている場合が多く、これらは検索ユーザにとって必要な情報を含んでいることはほとんどないので、検索結果で上位に表示しないようになった。

新鮮でより完全なブログ検索

新鮮でより包括的にインデックスができるようにブログ検索が改善されました。

オリジナルコンテンツの判断

オリジナルのコンテンツなのか、それともコピーされたコンテンツなのか、よりその判断の精度が高くなるシグナルが追加された。

タブレット端末でのレイアウト

タブレット端末のユーザビリティを向上させるために色やレイアウト変更が行われた。

上位表示サイトの選択コードの書き換え

どのサイトを上位に表示させるかの選択コードを書き換えることによって、例えば1つのサイトがあまりに検索結果の上位に表示され過ぎないようになった。

(元記事)
http://insidesearch.blogspot.com/2011/12/search-quality-highlights-new-monthly.html

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.