発リンクにも注意していますか?

2011-06-06

「効果のある被リンクは、質の高いサイトからリンクを受ける」ということは何度も耳にしたことがあると思います。

SEO対策で重要とされる被リンク獲得は、質の低いサイトからたくさんされているよりも、質の高いサイトからリンクを受けることが大切ですね。

被リンクについては「質の高いサイトから」ということをよくご存知なのですが、発リンクも気をつけなければならないのです。

「発リンク」というのは、他のページへのリンクのことです。

被リンクの場合、そのリンクが質の低いサイトからリンクをされていたとしても、それがマイナスになることはあまりありません。

例えば、多くの質の低いサイトからリンクを受けても、それがペナルティにつながるようなことはほとんどありません。(自作自演で過度のリンクをしていた場合を除く)

質の低いサイトからリンクを受けることがマイナスになるのであれば、ライバルサイトに質の低いサイトから大量にリンクを貼れば、ライバルサイトの順位を下げさせるということが可能になってしまうからです。

つまり、被リンクに関してはコントロールできない要素が含まれるので、質の低いリンクを受けたとしてもマイナスにはなりません。(SEO的な効果が低い、あるいはほとんど無いリンクとして認識されるだけです。)

ところが、自分のサイトから他のサイトやページにリンクを貼ること(発リンク)は基本的にコントロールができるものです。

そこで発リンクには注意点が必要です。

どのようなページにリンクが貼ってあるかでマイナスになることがあるのです。是非下記の点に注意してみてください。

・リンク先がエラーになっていないか
リンク先のページが削除されていたりして、エラーが表示されていないか確認してください。

・アンカーテキストの内容が、リンク先ページの内容と関連があるか
例えば、リンク先ページの内容がダイエット関連のページなのに、「SEO」などのアンカーテキストでリンクしていないか。

・アダルト系、出会い系、ギャンブル系のサイトにリンクをしていないか
あなたのサイトがアダルト系、出会い系、ギャンブル系のサイトでなければ、これらに関連するサイトへリンクするのはお勧めできません。
特に、18歳未満が観覧できないサイトへのリンクはNGです。

・スパムサイトへリンクをしていないか
例えば、明らかに隠しテキストがあるようなスパムサイトへのリンクはしないようにしましょう。

・“.exe”ファイルなどにリンクをしていないか
“.exe”ファイルなどのプログラムファイルに直接リンクは貼らないようにしましょう。プログラムをダウンロードしてもらう場合には、zip形式など、圧縮ファイルにしてください。

リンクを貼るということは、そのリンク先ページに投票するという行為です。「悪質なサイトに投票するサイトも悪いサイト」と看做されないためにも、どのようなページにリンクを貼るかというのを気をつけてください。

つまり、相互リンクもどのようなサイトとするのかを考慮するのは大切だということですね。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.