Googleペナルティと解除の方法とは?

2011-02-20

自ら進んでSEOスパムを行っている方はおそらくいないでしょう。

しかし、自分ではスパムを行っているとは全く思っていなくても、その行為をGoogleがペナルティとして看做していれば順位が上がるどころか下がってしまいます。

先日Googleのマット・カッツ(Matt Cutts)氏が、検索ペナルティを与える状況について説明したビデオを公開しました。

マット・カッツ氏によると、ペナルティには手動で行うものと、自動で行うものの2種類があるそうです。

手動で行うペナルティは、例えばGoogleに送られたスパムレポート等から判断して、そのサイトにペナルティを与えるというのもです。

一方の自動で行うペナルティは、アルゴリズムが自動的にスパム(キーワードを過度に入れている、クローキング、コンテンツスパムなど)だと判断し、そのサイトにペナルティを与えるというのもです。

もしペナルティが与えられたことで順位が下がってしまった場合、その解除の方法は上記2つで異なります。

まず自動でペナルティが与えられたという場合、問題の箇所を修正すれば、次回そのサイトがクロールされた後に解除されるそうです。

もし手動でペナルティが与えられた場合は、問題の箇所を修正して一定の期間が過ぎた後に、自動的にペナルティは解除されるそうです。またマット・カッツ氏によると、再登録のリクエストを申請することで解除してもらうこともできるとのことです。
※自動で行われたペナルティの場合、再申請は意味がありません。

実際、自分が行っているSEOがスパムと看做されているか否かを判断するのは難しいものがあります。しかし順位が大きく下落したという場合であれば、自分のSEOに問題がないかを見直す必要があるでしょう。

手動の場合も、自動の場合も、ペナルティは問題の箇所を修正することで解除できるので、まずは自分がスパムを行ってしまっていないかを見直し、もし問題があればすぐに修正しましょう。

ペナルティを与えるというのもです。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.