海外にも目を向けて収益を出す!

2010-09-01

通常のビジネスであれ、インターネットビジネスであれ、「日本国内向けにしか展開していけない」という縛りは法的にNGな場合を除き無いわけです。

しかし多くの方が、日本人向けのビジネスしか手を出しません。

もちろん、それが悪いわけではありません。

でも世界中の人口を相手にするのと、日本人だけを相手にするのとでは、市場の広さが全く異なります。

仮に英語圏の人だけを相手にしても、国内だけに比べれば圧倒的に市場が広いのですね。

特にインターネットビジネスであれば、日本人向けであろうと海外向けであろうと、リスクはほとんど変わりません。

日本国内から海外向けのホームページを作ってビジネスをすることだって簡単にできてしまいます。

せっかくインターネットでビジネスをするのであれば、海外にも目を向けることで、より可能性が拡がります。

例えばブログなどで情報を配信しているサイトがあれば、その記事を英文に翻訳して掲載するだけでも可能性が拡がります。GoogleAdsenseを貼っておけば、その英文サイトから収益を生み出すことも可能ですね。

実際私も、日本語の普通のサイトを英語に翻訳したものを公開し、GoogleAdsenseで収益を生み出しています。※翻訳と言っても、私は全然英語ができませんので翻訳ツールを通しただけです。

たったこれだけのことでも、収益源を作ることができるのです。
海外向けコンテンツを作ることができないか検討する価値は十分ありますよ!

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.