Facebookで重要なエッジランクとは

2011-06-27

Facebookをビジネスに活かそうと真剣に取り組んでいる方ほど
「Facebookを始めればすぐにビジネスに役立つ!」
とは安易に思っていないでしょう。

口コミを起こし集客に利用したり、またユーザーとのコミュニケーションを行うツールとして利用したり、上手にビジネスに活かすことによって成功している企業もあることは確かです。

しかし、決して「Facebookを始めればすぐにビジネスに役立つ」というわけではありません。

まず、Facebookをビジネスで活用する上で絶対に知っておかなくてはならない仕組みがあります。

それは『エッジランク(edgerank)』です。

 

あなたは、Facebookのニュースフィードに表示される投稿は、ツイッターのように全ての友達やファンページの投稿を表示していないことに気づいていますか?

気づいていない方も多いのですが、ニュースフィードに表示される投稿は、友達やファンページの投稿のごく一部です。

全ての投稿を表示してしまえば、友達の数が多い人ほど膨大な投稿を表示しなくてはならないですし、確認することも大変になってしまいます。

ですからFacebookが「エッジランク」という仕組みを使って、どの友達やファンページの投稿を表示させるかを選択して表示しているのです。

エッジランクの公式

重要なポイントは3つあります。

親密度

投稿者と、その投稿を見る人(友達など)との関係が親密であるほどエッジランクが高くなるというものです。例えば友達から「いいね!」をよく押してもらったり、コメントをもらえば、その友達にとってあなたは親密度(重要度)が高くなり、その友達のニュースフィードにあなたの投稿が表示されやすくなります。

重み付け

「いいね!」ボタンを押してもらうよりも、コメントをもらう方がエッジランクへの影響が強いとされている。つまり「いいね!」ボタンを押してもらうよりもコメントを残してもらう方が重みがあるということです。

時間

過去にエッジランクに与えた影響よりも、今影響を与えているものの方が重要であるということです。ですから、過去にたくさんの「いいね!」やコメントをもらっていても、時間の経過とともに、その評価は低くなっていくということです。

 

エッジランクがあるため、ツイッターのように単純にフォロワーをたくさん集めればよいという考え方では意味がないことがわかります。

自分の投稿を多くの方に見てもらいたいのであれば、見てもらう側(友達)とコミュニケーションを取る必要があるわけです。

自分の投稿にだけ意識をするのではなく、友達の投稿に対して「いいね!」を押したりコメントを残したりすることで、自分から積極的に親密度を上げていくことが大切ではないでしょうか。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.