1からホームページを作る手順

2012-02-05

最近では「ホームページを作る」と言っても、レンタルブログなどを利用して作成される方も多くなったので、わざわざHTMLやCSSを書いて作成する人は少なくなったのかもしれません。

しかしレンタルブログ等では“なかなか自分の思い描いた形のホームページにならない”ということもあります。

そんな時は1からホームページを作ることも必要でしょう。
「1から作る」と言ってもホームページビルダーやDreamweaverのような、ホームページ制作ソフトを利用して作る場合がほとんどですね。

ですから今回は“HTMLやCSSをどのように書くか”ということではなく、“HTMLやCSSを書き始める前までにどのような手順があるか”ということについて触れてみたいと思います。

どのようなコンテンツが入るのかリストアップ

ホームページを作り始める際、いきなりどのようなデザインにするかを決めてしまう方が多いのですが、その前にやることがあります。

どのようなコンテンツが入るのかをリストアップします。

例えば、

  • メニューには何の項目がいくつ必要になるか。
  • サイドバーに必要な項目は何なのか。
  • 横幅は何ピクセルにするのが良いのか。

テンプレートを使う場合であれば、デザインを決めて、そのデザインに合わせて入れるコンテンツを決めるということがあります。

ですがテンプレートを使わないという場合であれば、コンテンツからデザインを作っていく方が良いのではないかと思います。

デザインを考える

コンテンツのリストアップが終わったらデザインを考えます。

デザインを考える際は、頭の中だけで考えるのではなく、紙に書きながら整理していくのがお勧めです!その方がHTMLやCSSを書いていく際も楽で効率的に作成することができます。

最近、自分のポータルサイトをリニューアルする際に書いたものがこちら

ラフデザインですので、定規を使ってきっちり書くようなことはしなくてOKです。
※これはちょっとラフすぎますね(笑)

サイズを決める

ラフデザインができたらサイト全体のサイズを決めていきます。
特に後になって変更するのが大変な横幅などは最初にしっかりと検討しましょう。

ラフデザイン2

アフィリエイトなどでは画像のサイズが決められているものが多いですね。
そんな時、バナーサイズが468pxなのにサイトのスペースは450pxで入れることができない。というようなことにならないように十分検討して下さい。

画像の作成やコーディング

ここまでできたら、実際にサイトに使う画像やコンテンツを用意して、HTMLやCSSのコーディングをしていくことになります。

今回は自分のサイトのリニューアルで、どのようなサイトにするのかがしっかり決まっていたので、かなりラフなデザインのまま作成しました。新規サイト制作やクライアントのサイトを作る場合などは、ラフデザインを基にしてもっとしっかりとデザインを作りこみます。

今回完成したサイトはこちらです。

完成

サイトの作り方は人によっても手順が異なりますし、サイトによっても変えることもあるでしょう。

今回は私が実際に自分のサイトをリニューアルする際の手順を紹介させて頂きました。
ぜひご参考にして頂ければ嬉しいです。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.