効果のあるキャッチコピーの書き方

2013-05-16

今回はWebコンサルタント養成講座4回目で「セールスページ」についてお伝えしております。特に今回は、セールスページへの影響力が70~80%とも言われる「キャッチコピー」の書き方を、ポイントを押さえてお話します。

キャッチコピーはSEOであればタイトル部分でも使える重要なテクニックです。検索結果で上位に表示されても、魅力的なタイトルでないとクリックしてアクセスしてもらえません。またアクセスしてもらった際に「このページを読みたい!興味がある!」と思ってもらう必要上がります。

初心者でも効果のあるコピーが作れるようになりますので、ぜひご覧ください。

今回の要点

商用サイトで重要なセールスページ。セールスページは商品の紹介ページなどを言いますが、紹介の仕方によって成約率に差が出ます。

セールスページでの大きなポイントは2つあります。短い文章でその商品の特徴などを現す「キャッチコピー」と、商品の魅力をアピールする文章などの「セールスレター」です。今回は影響力が大きいキャッチコピーについてです。

「キャッチコピーを作るなんて難しい?」と思われるかもしれませんが、初心者でも優れたキャッチコピーを書く方法があります。それが下記の3つのポイントです。

▼書き方のポイントを抑える
  • 「20台の主婦の方へ」のように見る人を絞る。
  • 「~する方法」、「~の仕方」、「~するノウハウ」などを入れることで、“やり方”を求める人に訴えかけることが可。ノウハウやテクニックなどを販売する場合に効果的。
  • 具体的な数字を入れることで信憑性が出る。
    「約9割の方が成功した○○」
    →「91.6%の方が成功した○○」
    「○○は1万名様以上にご愛用頂いております」
    →「○○は11,427名様にご愛用頂いております」
  • 緊急性をアピールする。
    「7月31日まで!」「○○を手にできるのは50名様だけ!」など。
  • 「なぜ~」「理由」を入れる。
    「なぜ一部の人だけが、ネットビジネスで稼ぐことができるのか?」
  • 誰でも分かる言葉を使う。
▼3つの視点から書く
  • 自己利益
    見る人の利益につながるコピーにする。人は自分に関係あることを優先的に考える為3つの中で最も重要です。
    例)「わずか1日20分の作業で、あなたの年収が30%アップします!するとあなたの年収はいくらになりますか?」
  • 好奇心
    見る人の好奇心、興味関心にアピールするようなコピー。
    例)「なぜ○○が、肌の潤いを36%もアップさせることができるのか?その秘密は・・・」
  • ニュース
    ニュース性のあるコピーで「チェックしなきゃ!」と思ってもらえるようにする方法。
    例)「SEOのアルゴリズムが大幅に変更!最新のアルゴリズムに対応したマニュアルを無料で!」
▼優れたコピーを応用する

既に実証済みの優れたキャッチコピーや、自分が良いと思ったキャッチコピーを応用して作る方法です。初心者はまずここからスタートしてみると良いでしょう。

  • 「どうやって私が(   )したのか?」
  • 「(   )する秘密」
  • 「(   )する方法」

などなど・・・。

その他のキャッチコピーの例やキャッチコピーを書く手順、注意点などは動画をご覧ください。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.