‘ビジネス全般’ カテゴリ

ニーズを満たせば売れるのか?

2010-08-27

よくモノを売るには「顧客のニーズを満たす必要がある」とか「世の中のニーズに合致すれば売れる」とか言いますよね。

でも本当にニーズさえ満たすことができればモノは売れるのでしょうか?

そもそも「ニーズ」というのは「必要性」という意味です。
「ニーズを満たせば売れる」というのは「必要性があれば売れる」ということを言っているのだと思うのですが、本当に必要性があるモノは売れるのでしょうか。

逆にあなたは、必要性があるモノであればすぐにそれを買いますか?

「確かに必要かもしれない。でも欲しくないからまだ買わない」

きっとあなたにも、今までにこのように思って買わなかったものがいくつかあると思います。

「ニーズを満たす」というのは大切なことではあるのですが、強力なニーズでない限り、ニーズだけで人はモノを買おうとはしません。

例えば、「法律で○○○を持っていないと捕まるから○○○が必要。仕方がないから買おう。」というような場合です。

ではモノを買ってもらう場合、ニーズの他に何が必要なのでしょうか?

それは (さらに…)

損益分岐点を計算する!計算ツールプレゼント

2010-08-09

以前もビジネスに計算は必要不可欠ということをお話しました。

今回は「損益分岐点」についてお話したいと思います。

そもそも損益分岐点とは、売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高や販売数量を言います。
つまり、「これだけ売れれば元は取れた」というラインです。

例えば広告を出す際に、「この広告を出してどれだけの売り上げが上がれば(または何個販売できれば)広告費を回収できるのか」というのを知ることで、その広告は出して損しないかということが把握できます。

どれだけの売り上げが上がれば、その広告は成功したのかが損益分岐点を出しておくことで判断できるのです。

ですから、「広告を出して売り上げは上がったけど、元が取れたのかどうかわからない」ということがなくなるでしょう。

では、損益分岐点はどのように計算すればよいのかというと、 (さらに…)

利益計算と顧客獲得コスト

2010-07-24

ビジネスに計算は必要不可欠です。

売り上げの計算、仕入れの計算、販売促進費の計算、人件費の計算、利益計算などなど、様々な計算をしなければならないのがビジネスです。

これはインターネットビジネスでも同じです。

しっかりと計算しないで、どんぶり勘定でビジネスをしていると、「売り上げがあるのに赤字になる」ということもあります。

会計的なことになると話が深くなってしまうので、今回は「顧客獲得コスト」について簡単にお話します。

顧客獲得コストというのは、
顧客一人獲得するのにどれだけのお金がかかったか」です。

例えば、 (さらに…)

投資をする!

2010-07-18

今回は投資についてお話したいと思います。

「投資」というと、株式投資や不動産投資、FXなどをイメージする方が多いのですが、「投資」の意味は他にもたくさんあります。

例えば、知識を増やすために本を買ったり、勉強をする時間を確保したりするのも投資だと言えます。

また「投資なくしてビジネスを回すことは不可能」と言われるくらい、ビジネスで投資はとても大切です。商品を仕入れるということや、販売促進のための広告費も投資でしょう。人を雇うというのも投資ですね。

「投資が重要だというくらい知ってるよ!」
と思われるかもしれません。

しかし、重要であることを分かっていても、なかなかビジネスに対して投資できない方が多いのです。 (さらに…)

3 / 3123
Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.