利益計算と顧客獲得コスト

2010-07-24

ビジネスに計算は必要不可欠です。

売り上げの計算、仕入れの計算、販売促進費の計算、人件費の計算、利益計算などなど、様々な計算をしなければならないのがビジネスです。

これはインターネットビジネスでも同じです。

しっかりと計算しないで、どんぶり勘定でビジネスをしていると、「売り上げがあるのに赤字になる」ということもあります。

会計的なことになると話が深くなってしまうので、今回は「顧客獲得コスト」について簡単にお話します。

顧客獲得コストというのは、
顧客一人獲得するのにどれだけのお金がかかったか」です。

例えば、1回50,000円かかる広告を出し商品をアピールしたところ、5人の顧客が獲得できたら、一人当たりの顧客獲得コストは10,000円ということになりますね。

では無料サンプルなどを提供して、興味がある人を集めるというような、見込み客を集めることを目的とした広告の場合はどうでしょうか。

同じように1回50,000円の広告で、見込み客リストが100人分集まったとします。一人当たりの見込み客を集めるためのコストは500円ですが、これは顧客獲得コストではありませんね。

その見込み客に対して商品をアピールした場合の成約率が8%であった場合、実際に購入してくれるのは8人ということになり、つまり一人当たり顧客獲得コストは6,250円となります。
※50,000円÷8人=6,250円

つまりこの場合、一人当たり6,250円以上の利益が出る商品を販売できてないと赤字ということになります。
※その顧客がその後リピート購入しないことを前提とした場合

広告を出す場合は特に、自分が販売している商品の利益率や成約率、リピート購入率を計算することがとても大切です。

今回はかなり単純な例でしかお話できませんでしたが、ビジネスを行うのであれば、売り上げに注目するだけでなく、どれだけのコストがかかり、どれだけの利益が見込めるのか、ということをしっかりと把握する必要がありますね。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.