メールの開封率を飛躍的に上げる方法

2011-05-31

最近ではメールマガジンなどの配信によって、商品やサービス、またはアフィリエイトなどをアプローチすることが当たり前になりました。

ダイレクトにユーザーや見込み客に対して商材をアプローチできるメール配信は、アクセスアップや売り上げ増加の為には欠かせません。

しかし、メール配信をする人が多くなったがゆえに、メールを受け取ってもそのメールを開封することなく放置してしまう人がとても多くなりまして。

「どうせ広告だろう」

ユーザーがこのように思ってメールを見てくれなければ、何件メールを配信しようが、メールの内容が優れていようが意味がありません。

あなたが配信しているメールは、いったいどれだけの方に開封されているでしょうか。

メールの開封率を調査すると、残念ながら驚くぐらい少ないという場合がほとんどです。
今回はメールの開封率を飛躍的に増やす方法を紹介させて頂きます。

メールを見るかどうかは何を見て判断するかというと、それは「件名」ですよね。件名が、他のたくさん来るメールに埋もれていては、せっかくあなたが送ったメールを見てくれるチャンスは低くなってしまいます。

メールの開封率を飛躍的に増やすには、件名の付け方に気をつける必要があるのです。

ポイント1 「件名に名前を入れる」

件名にメールを受け取る人(顧客や見込み客)の名前を入れることは、メールの開封率を上げるのにとても効果的です。

件名に名前を入れることで開封率が約2倍になるというデータまであるくらい効果がある方法です。

本文に名前などの、ユーザーの個人的な情報(地域や誕生日など)を入れるというのが当たり前になってきましたが、ぜひ件名にも入れて見てください。

※ ただしあまりにも長い件名にならないように注意してください。件名はできるだけ簡潔になるようにした方が開封率は高くなる傾向にあります。

ポイント2 「難しい表現を使わない」

これは件名だけでなく本文でも言えることですが、
一般の人に対して難しい専門用語などを使わないようにして下さい。

わかりやすく簡単な表現を使いましょう。

ポイント3 「見たいと思わせる」

「メールの本文も見たい」と思わせるような件名にするようにします。
単順に件名に名前を入れるだけでは十分ではありません。

大切なのは、ユーザーが興味を抱いて、ついメールを開きたくするような件名にすることです。

例えば…

・緊急性のある件名にする
「○○さん、あと3日後に迫っています」
「○○さん、残り■個です」
など、期限や数量に制限をつけることで緊急性のある件名になります。

・ユーザーの利益性を入れる
「○○さんが××できる方法」
など、メールを読む人が、あなたのメールを読むことで得られる利益を書く方法です。

・想像させる
「○○さん、この方法はご存知ですか?」
疑問系を入れたりすることで、ユーザーに想像させることで興味をわかせることができます。「この方法ってどんな方法のこと?」と思ってもらい“メールを見る”という行動に移してもらうのです。

3つのポイントを記載しましたが、件名だけこだわって本文をいい加減にしないようにして下さいね。

当然のことながら、メール開封率のことだけを気にして、本文の内容と件名の内容がバラバラにならないように気をつけて下さい。

せっかく開封してもらっても、本文の内容と関係が無かったり、本文の内容が魅力的でなければ、その後のアクション(商品購入など)につながりません。

FBコメント

Copyright(c) 2010- 独立起業で自分だけのビジネスライフを! All Rights Reserved.